早く仕事辞めたい日記

FIREを批判する悲しきピエロ達よ…


スポンサードリンク

FIREという概念が世の中に出てきて、ポツポツと否定的な意見をする人たちが出てきましたね。

 

折角の二十代を切り詰めた節約生活して勿体ない。

そんな人生で楽しいか?

もっと楽しんで生きれば良いのに、とか。

 

そこまで直接的に言わずとも、暗に否定的な感じで言う人もいますね。

 

愚かな人間どもよ...

…悲しい。私は悲しいですよ。

 

世間では識者と呼ばれる知識人たちが、そのレベルの意見しか言えないことに…

 

貴方達からすれば理解不能。わけわからんヤバいやつ、としか映らないかもしれませんが。

 

何故そういう発想が生まれてきたのか?考える想像力というものが少しはないのでしょうか?

 

誰もが、貴方達のような、好き勝手喋ってればお金がもらえる仕事をしているわけではないのですよ?

 

タレントが良い気になって、セミリタイアを否定する発言しているのを聞くと、正直反吐が出ますね。

 

仕事をしていないと暇じゃない?とかいう質問には噴飯物でしたよ。

 

お前は毎日他人のゲロを片付ける仕事をしている人間に、ゲロを片付けてないと暇じゃないの?と言ってることに気づいているのか?

 

もう少し想像力を働かせて発言して欲しいものです。

 

誰もが貴方達のような楽な、若しくは華やかで楽しい仕事ばかりしているわけじゃないんですよ?

 

仕事を辞めてどうするの?嫌なら転職すれば良い?

 

簡単に言ってくれますよね。それがなかなか出来ないからこちとら困っているんですよ。

 

世の中の職業に貴賎はなく。

貴方達のような批評家を除けば必要な仕事が殆どですが、やりたくない、大変でしんどい仕事というのは純然としてあるのです!

 

愚か者には罰を...

こういう、したり顔でFIREを否定的にいう奴は、マジで1年間素手でトイレ掃除させてみたい…

 

そして

オラ、仕事はもっと楽しんでやるもんだろ!笑顔でやれや!便器を舌で舐めてもっと綺麗にしろ!感謝の気持ち忘れんなよ!

 

と言い放ちたいものです。

 

否定的な意見をする奴に限って、比較的楽か、若しくはワクワクするような面白い仕事をしている人なんですよね。

 

お前のその発言は、たまたま運良くその仕事につけたから言えてるだけだぞ?

 

自分の運の良さに気づかず、ドヤ顔で言っているのを見ると、私はもう…

 

想像力が欠如した、頭パッパラパーな知識人もどきや、知性のかけらもない愚鈍なコメンテーターには、素手で便所一年掃除の刑を与えてやりたいものです。

 

...なんか攻撃的な話になってしまいました。

ストレス溜まってるのかな…?

 

いえ、批評家も大事なお仕事ですよ?その分野に特化して、様々な見解を中立の立場で解説してくれる批評家であればね。

 

ただ、専門的な知識もなく、思ったことを脊髄反射的に言うコメンテーターはちょっとね。

 

オラウータンじゃないんだから、もう少しテーマを理解してコメントしてほしいものです。

 

生半可な知識しかないのであれば、黙っているか、せめてウホウホとオラウータン語で喋っていろと。

 

…いかんいかん。また攻撃的になってしまった。

 

まぁ、実際のところ

 

確かに、世間のFIREのイメージにある、所謂ファットFIREは現実的ではないですよ。

一切働かなくても済む資産なんて、蓄える前に定年退職を迎えてしまいます。

 

一般のサラリーマンなら、サイドFIRE、リーンFIREがギリギリ現実的なところでしょうね。

 

問題なのは、FIREにも幾つか種類があるにも関わらず、FIRE=全く働かない事だとレッテルを貼り付けて否定するお馬鹿さんたちですよ。

 

一口にFIREといっても色々な種類があり、別に一切働かないと宣言しているわけではないです。ただ、ブラックな働き方はしないだけ。

 

むしろ、自由度が高かったり、ワクワクするような労働ならやることになんら問題ありません。

なんなら、批評家の仕事なんてのも良いですな。

 

大した知識が無くとも、ただ好き勝手喋っていれば金もらえるんでしょう?

 

労働強度も低く、セミリタイア後にやるなら丁度いい。

 

そう考えると、コメンテーターは実はサイドFIRE民だった…?

 

そして、これ以上サイドFIRE用の楽な仕事を奪われたくない為に、敢えて否定的な意見を言っていた…?

 

何という事でしょう、また一つ真実に気づいてしまいました。

 

彼等、彼女達こそ、私達が目指すセミリタイア民だったのです!

 

そう思ってみれば、なかなか面白く見れますね。

 

もしその自覚せず話しているのであれば、滑稽なピエロを見ているようで笑えます。

 

公共の電波で、したり顔で自己否定な発言をする自称知識人。

 

これはこれで噴飯物ですな!

 

 許してやろうではないか、寛大な心で

…駄目ですね、どうしても攻撃的な内容になってしまいました。

 

自分が目指している生活を否定されると、つい反発してしまうのは良くないですね。

 

誰もがFIREについてそこまで詳しいわけではなく、誤解したイメージを持つこともあるでしょう。

 

批判に対し、すぐに反撃してしまうのもまたオラウータン的な対応。

 

実際、FIREをしたら時間を持て余す場合もあると思います。

定年退職した人が、やる事なくて一日中テレビ見てる、というニュースがありましたよね。

 

若い時に色々お金を使って経験しておいた方が良い、という意見もご尤も。

 

また、辞めた後に週3で働ける仕事が簡単に見つかるとも限りません。

 

サイドFIREが最高の生き方か?と言われると決してそうではなく。

 

懸念点や、失うものだって当然あるでしょう。

 

しかし、それはどんな生き方でも言える事。

全く瑕疵が無い生き方なぞ存在しません。

 

人それぞれ、後悔しないように自身にあった人生を過ごせば、それで良いのでは無いでしょうか?

 

知性ある人間として、自分とは異なる考え方に出会ったとしても、そういう意見もあるよね、と常に冷静でありたいものです。