早く仕事辞めたい日記

VOOが値下がりしているようだな…FRB利上げ如きでやられるとは、米国ETF四天王の面汚しよ…


スポンサードリンク

なんか、最近米国インデックスETFが下げているようですね。

 

VOOやQQQといった有名どころも下落しているようで、投資界隈ではちょっとした騒ぎになっています。

 

そんな中、私が投資しているHDVをはじめとした高配当ETFはというと?

普通です。年始と同じ株価をキープしています。

 

年始にちょっと上がった分が下がって、ちょうどプラマイゼロ。

 

…ふふふ。

 

勿論、これだけでインデックス投資を否定するわけではありません。

 

高配当投資の方が現時点で優れているからと言って、直ぐにインデックス投資を駄目だというつもりは毛頭なく。

 

インデックス投資、高配当投資どちらも良い点悪い点がありますからね。

同じ投資仲間、仲良くしていきましょう!(^^)!

 

とでも言うと思いましたか?

「ナオちゃんって、本当に…バカだよねぇぇぇ!」

 

「うえーい!オタクくん見てるー?インデックスちゃんは今俺の隣で寝てまーす笑」

 

インデックスこそが最強。高配当株投資とか笑。と嘲笑っていた投資家の方、今どんな気持ちですか?

 

確かにVOOをはじめとしたインデックス投資は、優れた投資方法の一つでしょう。

一方で、下落相場になった時は、配当金がある高配当株投資の方がよりディフェンシブ。

 

2022年は厳しい年になるってわかっておきながら、なんで高配当株投資に切り替えなかったの?

ねえ、なんで?ねぇ、ねぇねぇ!

 

黙ってないで教えてよ~笑

 

とでも言うと思いましたか?

高配当ETFも、いつ下落するか分からない昨今。

いつ目くそ鼻くそ笑う、のような事態になっていても全くおかしくありません。

 

結局、損をしているのは我々個人投資家

機関投資家たちは既にバリュー株投資に切り替えていることでしょう。

 

寧ろ、この相場を作り出したのこそ機関投資家たち。

我々個人投資家を同士を争わせ、目をそらそうとしていますが...この私の眼をもってすれば真実を見抜くことは容易いこと...

 

今はVOOやQQQといったハイテク株に投資している個人投資家を揺さぶって、今月にかけて狼狽売りをさせ。

 

高配当やバリュー株に集まってきたところで、そちらも暴落させるつもりでしょう。

 

結局は、我々個人投資家機関投資家のおもちゃ...

くやしい...くやしいよ、俺!

 

終わりに

最期はいつもの機関投資家陰謀論で締めましたが、いや~今後どうなることやら。

 

現時点、高配当ETFは大丈夫ですが、いつ暴落するかわからないしなぁ...

 

とか言ってると、またすぐに復活したりするのが株の恐ろしいところ。

 

いやぁ、株って、本当にわからないものですよね!