早く仕事辞めたい日記

価値観は人それぞれだから否定はしないけど…から入ると大体否定している件


スポンサードリンク

多様性の時代…

 

迂闊に人の意見を否定しようものなら、寄ってたかってタコ殴りにされる昨今、批判するにも細心の注意が必要です。

 

安易な批判をしてしまったら最後、アマゾン川のピラニアの如くネット住民に噛みつかれ。

 

骨の一欠片も残らない程食い尽くされてしまいますので、重々気をつけなければなりません。

 

そんな現代社会において、枕詞に

「人それぞれだから、否定はしないけど…」から始まる意見が散見されますが…

 

大体が、いやめっちゃ否定しているやん、と思うことが多い印象があります。

 

否定はしないけど、それって本当に楽しいの?

否定はしないけど、それって人としてどうなの?

否定しないけど、それって間違えてない?

否定はしないけど、おかしいよそれ。

 

もはや最後の方は、否定という言葉の概念が破壊されている状態。

 

まるで、それをつければ免罪符のように便利に使われる言葉。

 

否定はしないけどって言葉を使えば、なんでも許されると思っていませんか?

 

価値観は人それぞれ…でも、大多数の人間は、自分と真反対の意見を見ると、無意識に反発したくなってしまうもの。

 

ただ、それをストレートに言うと、多様性批判になる。

そこで発明されたのが、否定はしないけど、と言う枕詞を付け加えるという手法。

 

否定はしないけど、否定はしないけどから始まる文章は、否定的な見方をしてしまうなぁ…

 

うむ、よくわからない文章になってしまった。

 

自分の価値観を尊重してほしいなら、まずは他人の考えを尊重する姿勢が大事だとは思います。

 

とはいえ、間違ってると思うことを、それっておかしくない?というのもその人の自由。

 

そこまで変なことではないとも思います。

 

簡単に出来ることではあるけれど、真面目に考えると、批判というのは難しいものですなぁ。