早く仕事辞めたい日記

セミリタイアするのに、投資先は米国株で本当に良いのか?


スポンサードリンク

表題についてですが…

現状、私の投資先配分は大体

アメリカ株 70%

日本株 25%

その他 5%

ぐらいな感じです。

 

アメリカ株もその70%程は高配当ETFが占めている状態。

 

つまり、殆どがアメリカ株が占めているんですよね。

 

現状ではなんら問題なくプラスになっているんですが、ふとセミリタイアしたらどうしようかな?と思いまして。

 

ご存知の通り、アメリカ株は二重課税の問題で、配当金に30%の税金が取られます。

 

一方の日本株は20%。

 

10%ぐらいの差なら、アメリカ株の方が育ってくれそうだしまぁ良いかなー、って思っていました。

確定申告で外国税控除すれば、その10%もいくらか戻ってきますしね。

(めんどいからやらないけど)

 

ただ、セミリタイアすると話が変わってきます。

というのも日本株の税金の方が大幅に安くなるんですよ。

 

確か、所得が330万円以下なら配当控除という確定申告手続きをする事で、税金を5%にすることができるのです!

 

セミリタイアしたら週3ぐらいで適当に働くでしょうから、間違いなく所得はそれ以下になります。

 

となると流石に、30%と5%だと話が変わってくるなぁ〜、と感じるレベル。

 

現状の資産と今後を考えると、セミリタイアするのは早ければ2〜3年後。遅くとも8年後を見据えています。

 

この間に、米国株の比率を下げ、日本株に徐々にシフトしていくのも一つの手かなぁ…

 

皆さんは、投資の配分をどのようにされていますか?