【お勧めゲーム】ヴァンダルハーツ2


スポンサードリンク

ブシャーーー!

 

敵を倒した時に飛び散る血が印象的なこのゲーム、マイナー中のマイナーゲームなので殆どの人は知らないのでは?

 

このゲーム、クソゲーという評価もありますが私としてはマイナス面を補って余りあるストーリーが秀逸な名作だと思っています。

 

まぁそのストーリーとは、現実以上に悲惨というか、製作者は何か最近辛いことでもあったの?と思うようなイベントばかり目白押しですが。

 

そもそも、オープニングからして強烈ですよ。

とある街全ての住民を虐殺するシーンから始まりますからね。

また、暗がりに若い娘を引き摺り込む兵士達の姿も…いや生々しいな!

 

で、その街が一体何をしたかというと…政治犯を匿ったから、という理由だけでですよ。

いやいや、政治犯を匿っただけで住民全員皆殺しとか、鬼かと。

 

そんな荒れている政情の国で、農民として主人公は生まれるんですが、これがまた悲惨で…

 

序盤で主人公は行き倒れの人を助けるんですが、そのせいで住んでいる町から追い出されるわ、幼馴染みに逆恨みされるは、住んでた街は滅ぼされるわで、いったい俺が何をした?状態になります。

 

その後、主人公は生きる為にやむなく盗賊になるんですが、とある街で偶然妹と再会するも、その妹もまた生きる為に娼婦になっているわ、昔の親友はそのヒモになってあるわ…

 

エンディングも大体悲惨で、まず救いようがない結末を迎えることになります。

 

仲間が誰も死なないベストエンディングもあるにはありますが、まず初見では辿り着けない。

難しいしめんどくさいので大体誰か死にます。

 

でも、そうやって大体の人が辿りつくエンディングである旅人エンドは、一見の価値はありますよ。

 

色々なものを犠牲にしてしまった後悔から、放浪の旅を続ける主人公…

ふと、昔幼馴染みの子と駆け落ちの約束した丘で、子供の頃の楽しかった思い出に浸りながら一人佇んでいる姿は、寂寥感が満載で誰しもが鬱になれることでしょう。

 

あと、全員死んでしまった場合のエンディングも凄いですよ。

 

誰も信じず、殺戮と恐怖をばら撒く皇帝として君臨するという、なかなかの仕上がりになってます。

 

おしむらくは戦闘システムが大味でだるいことと、絵がちょっと…ごつい?感じなことでしょうか。

 

でも、それ以上に面白いと言えるゲームです。

 

以前紹介したタクティクスオウガがおままごとに見えるぐらい悲惨な現実を味わいたい方は、是非ともプレイしてみて下さい。